お見舞い申し上げます
2011/03/13(Sun)
3 月 11 日午後 2 時 46 分ごろ、マグニチュード 8.8 を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生。

想像以上の被害が出ております。

被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。


テレビでは終日報道されており、日々一刻すさまじい現実に、驚くばかり!!
阪神大震災にはなかった津波の恐ろしさに驚愕です。

倒壊だけでなく・・・すべてがなくなる・・・
こんなことがあるだなんて・・・

そして原発の問題もあるし。


今、自分にできること・・・

心ばかりの応援をすることしかできない。





さて、昨日、買い物に行った時、スーパーの入口で・・・

「さくらちゃんのお母さ~ん♪」

と声をかけられました。
ご近所の方でした!
さくらを連れてないのによくわかったとびっくりしました(笑)

その方は献血の呼びかけをされてたんです。
と言うわけでお願いされました~

寒い時期は血液が不足する時期!
そして日本が今、こんな状況の時、更に不足かと思い、初献血してまいりました(^O^)

献血のバスは見るけど、献血したことなかったけど、あのバスで献血しました!

そしてその時看護婦さんと話をすると、
やはり地震のあと、献血される方が少し増えたような気がするとのこと!

ネットで調べるとやはり全国的にも献血される方が増えてるそうです。



以下ネットからのコピペです!

赤十字センターの見解(via twitter)
献血協力について赤十字血液センターに問合せてみた。
①今すぐ必要となる分の備蓄はあります。
②今後不足が予想される時は報道機関を通じて協力の呼びかけをします。
③献血間隔は通常で3ヶ月、成分献血で2週間。』 
結論:血液鮮度の関係上、呼びかけがあってからの協力が一番助かるとのこと。


月曜以降に(via twitter)

大阪から!献血ルームに「地震で血液の必要数は足りてますか?」って問い合わせたら「まだ現地の病院が稼働していないので手術で血液が足りてない状況までは至っていません。長い目で見て月曜以降に献血に来て下さい」って言われた。焦らず出来ることからしましょう


献血を考えている方へ。(via twitter)
献血→阪神のときには皆が一斉に献血に向かい、その血が尽きた頃に血も献血者も不足し困ったそうです。
400献血の保存期間は最大21日。成分献血は3日。
血液は400mL献血の場合、三ヶ月に一回しか提供できません。計画的な参加を心掛けて。

献血で2週間、全献血で1ヶ月間次の献血ができなくなる。不足はおそらく2ヶ月近く続くはず。献血に行って混雑してたら本日分達成してる可能性あるから後日に!あわてて献血して、使いきれない献血集めるより継続して提供できる状況を!

献血できる人の条件(via twitter)
18歳~69歳で体重50kg以上の方。出血を伴う歯科治療をされた方も、治療後3日以降なら採取できます。ピアスを医療機関で開けた方は1ヶ月、自分で開けた方は1年間採取出来ません。インフルエンザワクチンを接種した方は24時間後であれば大丈夫です。




このような現状を知らずに献血をしたのですが、各都道府県でも血液は不足してるとのこと。
私が献血した時の看護婦さんも、兵庫も不足してるとおっしゃっていました。
どこで使われようが何かのお役に立てればそれはそれで嬉しいし!


あと、今私たちが一番身近なことで出来ることは節電、そして募金でしょうか!
募金も色々な方法があります。
何か力になれればと思います。


頑張ってください!

こんな単純な言葉しかかけられないけど、心よりお見舞い申し上げます。
無念にも亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々徒然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今、できること | メイン | 夢の中♪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://harukiti1.blog47.fc2.com/tb.php/793-e48bde45

| メイン |