串本から那智勝浦へ♪
2015/10/30(Fri)
前々記事、前記事からの続きです♪


6月24日、お昼ご飯を食べてから、向かった先は橋杭岩へ。

橋杭岩にて


串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。
その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付きました。
海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。
こちらから引用させて頂きました)



橋杭岩


この辺りに来た時からお天気はかなりのどんより・・・

橋杭岩


潮位によって、岩の近くに行けたり行けなかったり!

橋杭岩にて


水の溜まってるところが模様になってて面白かった~

橋杭岩

でも、ここには濡れちゃうからいけないんだけどね^^;


そして、海を見る猫背が二人!

佇む二人

お二人とも姿勢良くしてくださいな~


ここからもう少し足を伸ばして、那智の滝へ♪

那智の滝

山が深いと言うこともあり、お天気が悪く、少し雨が降ってきました。
せっかく来たんだからめげませんよ~

駐車場のそばの道路からも滝が見えて、そして轟音が聞こえます!

那智の滝


では早速まいりましょ~

滝の近くに行く階段から見えた景色に感動♪
迫力~

迫力~


落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑の迫力は圧巻です(^^)

那智の滝


熊野那智大社別宮飛瀧(ひろう)神社にも参拝しました。
わんこはNGなのでおっとうと交代で参拝です!

那智の滝

また少し那智の滝に近づけ、気持ちが引き締まりました。



さくらも何か感じるものあったかな~

那智の滝にて


駐車場に戻る時、ふと来た階段を見上げてみた!

階段・・・

神秘的に思えたよ~


その階段を登り、駐車場へ戻りました。
雨が上がってほっ♪


ここから熊野那智大社へ。

熊野古道 大門坂を歩いて行くこともできるのですが、既に足が疲れてるヘタレの夫婦・・・

通行料が要るけど、車で行きました~(笑)

熊野那智大社の駐車場からは、ついさっきまでいた、那智の滝が見えました♪

熊野那智大社


今頃のアップだけど、行った季節は6月!
紫陽花の頃でした(^^)

紫陽花の季節♪


そしてお参りを(^o^)丿

熊野那智大社にて



熊野那智大社にて


隣に続いてる那智山 青岸渡寺にもお参り。

那智山青岸渡寺


ここから眺める那智の滝も迫力だわ!

那智の滝とさくら



那智の滝が見える♪


お参りに来られてた方に教えてもらったのですが、お釈迦様のところから岩を伝って水が流れててるんですが、場所によって味が違うとのこと。

お釈迦様の水

御利益のある場所があるそうです!


さて、すっかり串本と那智勝浦を堪能しました!
そろそろ帰りましょ~
結構時間かかるしね^^;

来た道を戻ったら、ちょうど橋杭岩を通る時夕陽が当たってる(*^_^*)

橋杭岩


お昼すぎは曇ってたのにイメージが全然違う~

橋杭岩


素敵な景色に出会えたわ♪

橋杭岩にて


この後、もしや夕陽が見れるかもと、夕陽ポイントの潮岬にも立ち寄り~

潮岬の夕やけ

残念ながら雲が多く、日も沈んでしまったけどこんな空も好き(^^)v


この後は頑張って運転して(←おっとうが)、帰路に着きました♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<福井へ♪① | メイン | 串本へ♪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://harukiti1.blog47.fc2.com/tb.php/1255-b46919ab

| メイン |